>

自分の顔をSNSに載せよう

この記事をシェアする

顔写真を載せても大丈夫

普通のSNSに顔写真を載せると、トラブルが起こる可能性があります。
また拡大して見ると、周囲の風景が目に映っていることがあります。
そこから、どこで撮影した写真なのか特定することができます。
ストーカーが、本人の住所を特定するためにSNSをチェックしているかもしれません。
大きな事件に巻き込まれるので、SNSに顔写真を載せることはしないでください。

どうしても載せたい場合は、限定公開にしましょう。
限定公開なら知らない人は見ることができません。
本当に信頼している家族や友人だけだったら、好きなだけ顔写真を載せても構いません。
自分の顔をSNSに載せることが好きな人がいるでしょうが、危険と隣り合わせの行為だと理解しましょう。

近所の風景に注意しよう

こんなお店に行ったという何気ない投稿でも、本人の行動範囲を特定することができます。
すると頻繁に訪れるお店で、ストーカーと出会ってしまうかもしれません。
近所のお店などの投稿も、普通のSNSでは控えてください。
また自宅から見える風景も、同じように住所を特定する材料に使えます。
自宅から見える風景がとても綺麗だったら、SNSに載せてみんなにも見てもらいたいですよね。

知り合いにだけ見られるよう設定すれば、トラブルは起こらないので安心です。
綺麗な風景を載せることで、たくさん反応をもらえると思います。
知り合いに見せるだけも、十分SNSを楽しく活用できます。
限定公開ができるSNSを見つけて、利用してください。