>

知り合いだけ見られるようにする

この記事をシェアする

見られる人を限定しよう

誰でも気軽にSNSを使用できます。
自由に記事を投稿できますが、閲覧するのも自由だと忘れないでください。
個人情報が分かることを書くと、第三者にまで情報が伝わってしまいます。
自分は知り合いにだけ見せたつもりでも、SNSは誰が見ているか分かりません。
個人情報の流出が怖い場合は、限定公開ができるSNSを使ってください。

それなら第三者に、投稿した内容を見られる心配がありません。
個人情報を盗まれると、様々なことに悪用されます。
自分の知らないところで犯罪に巻き込まれることも考えられるので、十分注意してください。
またSNSを利用した事件は、解決しにくいと言われています。
最初にから事件に巻き込まれないよう、用心しましょう。

内容を考えなくて良い

どんな内容を書けば個人情報を守れるのか、いちいち考えるのは面倒です。
見せる人を限定すれば、どのような内容のことでも掛けるのでSNSをより活用できると思います。
少し個人情報に関わる内容でも、自分を知っている人だけが見ているので情報を悪用することはありません。
安全にSNSを利用できます。

誰に見せるのか、よく考えてください。
プライベートなことまでSNSに書きたい人は、本当に親しい友人だけに見せてください。
あまり仲の良くない人に見せると、トラブルが起こる可能性があります。
また見せる人を限定できるSNSを使っていることは、あまり言わない方が良いでしょう。
親しくない人に言うと、自分も見たいと言われる可能性があります。